Q&A

Q&A:購入後の修理やサイズ直しお手入れについて

Q.普段のお手入れはどのようにすればいいですか?

A.長くお使いになるうちに、汗や埃等が付着してしまい、そのままにしておくと、汚れが酸化し、くすんだ色になってしまいます。その際は同梱のお手入れクロス(ピンクの布)で磨き、その後中性洗剤を使い優しく洗ってください。汚れがひどい場合は、薄めた漂白剤の中にしばらく浸けておくときれいになります。(チタンは、漂白剤に入れても錆びたり変色したりしない金属です。)
※陽極酸化膜(ブルーライン)をとりいれたデザインでは、発色部分にお手入れクロスを使うとチタンの酸化膜がなくなりますので使わないでください。
陽極酸化膜(ブルーライン)は、再生できます。詳しくはアフターサービスのページをご覧ください。
※お手入れクロス(ピンクの布)はミラー仕上げ部分にのみご使用ください。マット仕上げ、ヘアライン仕上げの部分には使わないでください。

 

Q.リングのサイズ直しはできますか?

A.小さい場合は、2号位まで大きくする事が出来ます。それ以上大きくする場合やサイズアップ不可の指輪は、有料での再製作となりますのでご了承ください。
サイズが大きい場合は、チタン素材の性質上、小さくすることは不可能です。有料での再製作となります。
石の数やセッティングの有無などデザインにより料金が前後しますのでご了承ください。
石留(ダイヤモンドや誕生石のセッティング)のある指輪は地金を引き伸ばしてサイズアップいたしますと、石留めが緩むので、石が外れてしまいます。そのため、お手元の指輪に留めてある石を一旦外し、地金部分を製作し直して再セッティングさせていただきます。内側誕生石も石留のある指輪に含まれます。
詳しくはアフターサービスのページをご覧ください。

 

Q.石が外れてしまいました。

A.他の素材のジュエリー同様に、石留めは強い衝撃で石が割れてしまったり、セッティングが緩んでしまう場合がございます。 有料でのお直しとなりますこと何卒ご了承ください。石の種類・大きさ、修理内容により料金が異なりますので、お手数ですがお問い合わせをお願いいたします。

 

Q.キズをなおせますか?

A.小さな傷の場合は、ご購入時に同梱されたお手入れクロス(ピンクの布)でキレイになります。お手入れクロスでもキレイにならない場合は研磨クリーニングをおすすめします。
再研磨の際に、キズのある部分を削って整えてから研磨いたしますので、余程深い傷でない限り、お届け時のようにピカピカになります。
※陽極酸化膜(ブルーライン)をとりいれたデザインでは、発色部分にお手入れクロスを使うとチタンの酸化膜がなくなりますので使わないでください。
※お手入れクロス(ピンクの布)はミラー仕上げ部分にのみご使用ください。マット仕上げ、ヘアライン仕上げの部分には使わないでください。
※研磨クリーニングは当店でご購入いただいた商品に限ります。
研磨クリーニングについて詳しくはアフターサービスをご覧下さい。

 

Q.幅広すぎたので、もっと細く出来ますか?

A.購入後に幅を細くすることはできません。幅を細くした場合、石のセッティングの強度が弱くなって外れやすくなったり、デザインが崩れたりします。
石をセッティングをしているリングの場合、リング幅を狭くしてしまうと、石を留めて支える強度が弱くなって、外れやすくなります。
また、細くする事によって内側の丸みが無くなってしまいます。
ラインや段差や穴のあるデザインのリングは、地金とライン部分の比率が変わってしまうため、デザインが大きく崩れてしまいます。

 

Q.失くしてしまったので、同じ指輪を作ってもらえますか?

A.可能です。再度ご注文が必要になります。お問い合わせの際は、以下をご確認下さい。
セキュリティー上、定期的に古い情報(ご住所などの個人情報)はコンピューター上から消去しております。
2~3年程経過したご注文は、注文番号や注文日を基準に、商品番号と注文内容と注文者様のお名前や都道府県等を保管しています。
お問い合わせの際は、注文者のお名前、注文日時などお伝え下さい。
お問い合わせのデータが確認でき次第、お客様にメールでご連絡いたしますので、指輪の仕様をご確認の上ご注文下さい。
※その他、重ねた時のデザインがハートになるリングは、デザイン合わせのため、もう片方のリングをお送りください。

 

Q.他のお店の商品のお直しをしてもらえますか?

A.他店様の商品はお直しすることはできません。お求めになられたお店にお問い合わせをお願いいたします。
サイズ直しについては、当工房の商品は、生地の状態から、あらかじめサイズ調整が出来るようにして製作しております。
そのため、他店様の商品のサイズアップは不可能でございます。
研磨直しについては、当工房の商品は、傷がついた後でも研磨直しが出来るように純チタンの生地そのものを研磨しております。
他店様商品については、表面加工にコーティングされていたりしますと研磨することは出来ません。
また鋳造製作されたお品については、研磨加工の際に気泡が現れる場合ばございます。そのため鋳造品の研磨仕上げはできません。